Home > スポンサー広告 > 【送料無料】生活保護は最低生活をどう構想したか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 【送料無料】生活保護は最低生活をどう構想したか

Home > > 【送料無料】生活保護は最低生活をどう構想したか

【送料無料】生活保護は最低生活をどう構想したか

  • Posted by: 生活保護に関すること
  • 2012-03-21 Wed 18:00:00
【送料無料】生活保護は最低生活をどう構想したか【送料無料】生活保護は最低生活をどう構想したか
¥5,250円(税込)送料別 カード利用可

保護基準と実施要領の歴史分析 現代社会政策のフロンティア 岩永理恵 ミネルヴァ書房発行年月:2011年02月 ページ数:320, サイズ:全集・双書 ISBN:9784623059447 岩永理恵(イワナガリエ)1977年生まれ。2007年東京都立大学大学院社会科学研究科社会福祉学専攻博士課程修了。博士(社会福祉学)。現在、神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部社会福祉学科助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 序論 日本の貧困と生活保護/第1章 歴史分析の視点と対象/第2章 生活保護法の制定と改正ー一九四六年から一九五〇年まで/第3章 社会保障整備過程における生活保護ー一九五一年から一九六〇年まで/第4章 高度経済成長下の生活保護ー一九六一年から一九六八年まで/第5章 高度経済成長後の取り残された生活保護ー一九六九年から一九七九年まで/第6章 「適正」を強調する生活保護の運用ー一九八〇年から一九八九年まで/第7章 生活困窮者を放置する生活保護ー一九九〇年から一九九九年まで/第8章 “身動きが取れない”生活保護からの脱却に向けてー二〇〇〇年以降/付表 保護基準改定の説明一覧(第1回~第20次)(第21次~第66次) 本書では、旧生活保護法制定から現在の生活保護までの歴史的展開を時系列的に分析することで、この制度が保障すべき最低限度の生活がどのように構想されてきたか、あるいは実現されてこなかったかを検討する。生活保護の運用には、その時々の厚生大臣、厚生省事務次官、審議会などによるさまざまな措置や運用上の論理が重層的に絡み合っているため、現行の生活保護は相当に複雑化している。その複雑な実体を丹念に解明し、生活保護制度の中で形成されてきた貧困概念とはどのようなものかについて、核心に迫っていく。 本 人文・思想・社会 教育・福祉 福祉
さらに詳しい情報はコチラ≫


過去に生活保護を受けることができなくて、真冬の東京で河川敷で野宿をしていたこともありましたが、その後も職にもとまにつけなかったり人材派遣やバイトもすぐに首をきられたり不当解雇だったりということで会社(企業)

Home > > 【送料無料】生活保護は最低生活をどう構想したか

検索フォーム
最新記事
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。