Home > スポンサー広告 > 生活保護は理に適っているのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://seikatu925.blog53.fc2.com/tb.php/256-5e8674eb
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 生活保護に関することまとめ記事

Home > スポンサー広告 > 生活保護は理に適っているのか?

Home > 生活保護受給 > 生活保護は理に適っているのか?

生活保護は理に適っているのか?

生活保護でよく例に挙げられ物として、就労した場合は生活保護から減算される。
元々もとの根底が生活保護は、最低限の生活をするためのお金しか支給されていない。
ようするに再就労したい人への、面接とか就学するための資金援助は無いのだ。

制度の根底が「最低限度の生活は保証する制度」だから

なにかしらの身体的な理由で生活保護を受けている人も、
高齢で働けない人が生活保護を受けていても、

支給される額は同じ。むしろ傷病とか病があるひとの方が支援は手厚かった気がする。

これだと、再雇用を促すには無理がないだろうか?働ける可能性が有る人が一番損をしている気がしないでもない。
子供がいる女性の世帯とかだとetc扶養補助で概算が大きかったりするのも、ややクエスチョンだったりする。
生活保護の受給者のπは増えている。
昨年あたりは過去の受給者数が戦後最大になったとかで問題視されているが、
ただでさえ不況で、新卒ですから就職率の低下が叫ばれる中、雇用は相当困難さを極めている。

ホームレスになったりして社会復帰のために→生活保護になったとして、そこから、さらに一般の就労につくまでの隔たりは相当敷居が高い物だという気がしてならない。

失業保険などでは、再就職のおりに、失業保険の期間がのこっていたら、多少手当がでたりするが、生活保護の状況下では貯蓄もできないし貯蓄があれば生活保護受給前に消化したうえでの需給開始なので殆ど0からのスタートたっだりするので険しい気がする。
制度として生活保護から再就職へのステップが断たれているような気がしてならない

ここで生活保護受給者に、再雇用さがしにいってこいというのは、土台無理な気がする。
若年者がフリーターになる輩がどんどん排出されているのだから、40代の生活保護受給者よりも、大卒のフリーターのほうが引く手数多だろう。

じゃあ、重労働でもさせればいいのかいう発想があったりもしたが、なんというか色々と矛盾がある気がしてならない。生活保護の制度って本当なんなのでしょうね。

最低賃金やサービス残業の問題を野放しで、
この日本という国が定める最低限度の生活と、片方にはホームレスがいる実情。

自分は、「知らない」とか「関係ない」といってスルーしている人が多いが意外と労働と社会と生活という点では誰にも関わる重要な問題だと思うのだが。

ある日、片足が使えない状態になって、仕事を解雇されて貯金もつきて、再就職のめどがなくなったら首くくって死にますというのであれば、別に気にしなくてもいいのでしょうけど、過半数は、そういうものでは無いだろうし。絶対に自分は傷害安泰だという神話を抱いて生きている人が多いよなぁと思うよ。


バッシング記事だけが闊歩していたりするので、なんとも冷静な判断ができないようなきがしてならないしまともな議論も見かけない気がする。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://seikatu925.blog53.fc2.com/tb.php/256-5e8674eb
Listed below are links to weblogs that reference
生活保護は理に適っているのか? from 生活保護に関することまとめ記事

Home > 生活保護受給 > 生活保護は理に適っているのか?

検索フォーム
最新記事
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。